読み書き計算が苦手な子どもに役立つ基本のアプリ10

読み書き計算が苦手な子どもに役立つ基本のアプリ10

こんにちは。今回は,ノートと鉛筆の代わりにiPadを使いたい人にオススメの10のアプリをご紹介します。

読み書き計算が苦手な子どものためにiPadを買ってみたけれど,どんなアプリをいれたらよいのかわからないという方は,まずこの10のアプリをいれてみてください。

今回は具体的な使い方は紹介できていませんが,徐々に紹介していこうと思います。

読み書き計算が苦手な子どもに役立つ基本のアプリ10

Office Lens

Office Lens
カメラ機能で書類を撮影すると自動的に枠をとって補正してくれる台形補正機能,取り込んだ画像から文字を抽出する文字認識機能(OCR),抽出した文字を音声で読み上げる機能(イマーシブリーダー)が便利なアプリ。取り込んだ写真をPDFとしてタッチ&リードなど別のアプリに送ることができる。文字認識の機能を使うためにはマイクロソフトアカウント(無料)の取得が必要(取得方法はこちら)。
価格:無料
使い方のビデオ解説
ダウンロード

デイリーコンサイス国語辞典第5版【三省堂】

デイリーコンサイス国語辞典

国語辞典アプリ。ことばの意味をシンプルに一言で説明している。また文字の大きさも調節が可能で見やすい。
価格:600円
ダウンロード

筆順辞典

筆順辞典

調べたい漢字を手書き検索(文字を画面に手書きして探す)とキーボード検索の二つの方法で探すことができる漢字辞典。調べた漢字は,筆順をなぞって学習することができる。部首や画数からも検索ができるので,漢字調べに便利。
価格:無料
ダウンロード

シンプルカメラ高画質


写真を撮る時にシャッター音がしない(設定>サウンドから音量を最小にするとシャッター音を消すことができる)ため,授業中にメモを撮りたい時に便利。
価格:無料
ダウンロード

QuickVoice® Recorder

quickvoice
シンプルな録音アプリ。ワンボタンで音声の録音ができる。
価格:無料
ダウンロード

Simplemind+

simplemind+
アイディアマッピングアプリ。真ん中のセントラルテーマに思いついた事柄を書いていき,それを動かしてまとめていく。作文の構成メモやノートテイクにも活用できる。
価格:無料
ダウンロード

UPAD

写真を背景として取り込みその上にワープロで文字を打ち込む機能(テキスト入力),手書きで線を書き込む機能を搭載したアプリです。

価格:無料
ダウンロード

GoodNotes4

goodnotes
手書き・テキストの打ち込み・写真の挿入ができるノートテイクアプリ。PDFを取り込んで,そこに上からワープロで文字を打ち込んでいくことも可能なことから,ワークブックの学習をワープロで行いたい場合にも便利。図形認識機能で,フリーハンドで書いた線や図形の形を整えてくれる。
価格:960円
ダウンロード

計算機+

計算機+

式ののこる電卓アプリ。一度打ち込んだ数字や四則演算記号を途中で修正することも可能。
価格:無料
ダウンロード

ModMath

ModMath
筆算支援アプリ。箱の中に数字や記号をスクリーン上のキーボードから入力し,筆算を書いていくことができる。1つの箱を上下二つに分割し,分数も書ける。
価格:無料
ダウンロード
平林
アプリを入れたら,まずはいろいろなボタンを押してみましょう。壊れないから大丈夫! 試してみることが大切です。

※以前からおすすめのアプリとして「タッチ&リード」を紹介していました。「タッチ&リード」は現在アップデートのためストアになくダウンロードができません。

タッチ&リード(現在,ストアにない状態です。ご了承ください 2019月2月8日 追記)

touch&read

印刷物に含まれる文字を認識して音声で読み上げられるようにする文字認識機能(OCR)・指でタップした部分の文章を読み上げる機能・写真を背景として取り込みその上にワープロで文字を打ち込む機能(テキスト入力),手書きで線を書き込む機能を搭載した読むこと・書くことの両方が行えるアプリ。
価格:2,000円
使い方のビデオ解説
ダウンロード(公開停止中)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。