iPadで勉強するときの裏技!フリック入力のキーボードを画面下につけるには?

こんにちは,平林です。
ずいぶん久しぶりの投稿になってしまいました。
今回は,iPadでフリック入力のキーボードを画面下に付ける方法を紹介します。

iPadでフリック入力をつかっている子どもたちはたくさんいます。
今回の内容はブログへのお問い合わせで質問いただきました。

フリック入力は便利だけれど,キーボードが画面の下に付いていないことから,プリントに文字を書き込むときには
画面に重なり,見にくくなってしまうことがあります。
そんなときはこの裏技を使いましょう。

1 英語のキーボードに切り替える
2 スペースキーを両手で広げる
3 かな50音のキーボードにもどす

フリック入力のやり方自体がわからないという方は以前の記事
読み書きを助けるiPadの基本機能

を参考にしてください。

平林
なにかブログで取り上げてほしいテーマがありましたら,ぜひ「お問い合わせ」からおしらせください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。